陸前高田市

Rikuzentakata City

Photographed on 4/18-19/2011

After 40days since the disaster, there are no presence of mankind in RIKUZENTAKATA City at WAKINOSAWA area.
震災から40日経った陸前高田市脇ノ沢地区には人の気配が全く無くなっていた。

Emergency speakers, buoys and fishnets were caught in to the lone tree aiming towards the sky.
防災スピーカーや浮き、漁網などが絡みつき、まるでオブジェと化した一本の立ち木が天を指差していた。

Scent of tide and smell of the city combined makes the area in to mal-odorous to the nose.
潮の香りに嘗ての街の香りがどろどろと絡みつき、鼻を衝く臭いを漂わせている。

Right before the shivering darkness arrives to the town of TAKATA, wind stopped and presences of restoration workers are gone.
震えるほど寒い闇に閉ざされる寸前、高田の街は風が止まり、そして復旧作業をしていた人達の気配も無くなった。

Only a bent of KESEN OHHASHI is left in Route 45 which runs through RIKUZENNTAKATA.
陸前高田を通る国道45号線も気仙大橋が流され、橋脚だけが残る。

Around KESEN RIVER, Seagulls are flying in abundance like possessed by unknown being.
気仙川にはおびただしい数の海鳥が、何かに憑かれた様に飛び交っている。

KESEN NARITASAN(KONGO TEMPLE)saved many people from title wave and it is also well known for the beautiful Japanese cherry blossoms (SAKURA) in spring.
気仙成田山(金剛寺)は津波から逃れた多くの人を救った。桜の名所としても知られる。

5km away from seashore, OFUNATO LINE which runs aside of YAHAGI RIVER has no train to run hence, rails are corroded into red lines.
海から5Km以上遡った矢作川沿いの大船渡線は走る電車がいなくなり真っ赤に錆びていた。

Not even one telephone pole is standing between TAKATA town and the ocean
海までの数Km。高田の町には電柱一本残っていない。

Iron Bridge ripped apart by title wave now looks like roller coaster ride in amusement park.
津波に引きちぎられた鉄橋は、まるでジェットコースターの様に変わり果てていた。